北群馬郡吉岡町で評判の歯科・歯医者のエース歯科です。お気軽にご相談ください。

〒370-3602 群馬県北群馬郡吉岡町大久保112−2
JR上越線 群馬総社駅よりタクシーで10分

0279-55-1181

診療時間:9:00~12:25/14:00~18:00

休診日:木曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちら

診療の流れ

「治療がどんな風に進むんだろう?」そんな不安はありませんか?

こちらではご来院から治療の終了まで、当院の診療の流れをご案内します。

ご来院・受付

受付では保険証の提示、診察券の提示(再診の場合のみ)、予診票へのご記入をお願いします。ご予約いただいた時間の15分前までにご来院いただけると、スムーズに手続きが進みますのでご協力ください。

また、当院の診療方針を説明した文書をお読みいただいた上で、お口の中やお顔の写真を撮影する許可をいただける患者さまには、ご署名をお願いしています。

ご予約はこちら
0279-55-1181

診療時間:午前 9:00~12:25 / 午後 14:00~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

問診・初診カウンセリング

どんな症状があるのか、その症状はいつからはじまったのか、痛みはあるか、あるならどの程度痛いのか、といったことをお伺いします。

その他気になることがありましたら、何でもお気軽にご相談ください。

当院ではインフォームド・コンセントを大切にしております。

インフォームド・コンセントとは治療内容を説明し、患者さんの納得を得て治療することです。

エース歯科では、ご説明や治療内容など患者さまが抱いている疑問や不安に対し、ご安心・ご納得をいただくまでしっかりとご説明させていただいております。

各治療項目のそれぞれの特徴を知った上で、患者さんがご自身の治療を選択するといった「患者さんのためのオーダーメード治療」を常に心がけております。

~保険診療と自費診療の違いとは??~

健康保険が適応されている保険診療では、治療にかかる費用の一部で治療を受けけることができるため治療費を少なく済ませることができます。

一方、健康保険が適応されていない治療においては全額自己負担の自費診療となるため金額の差が大きく、非常に高額な印象を受けるかと思います。

自費診療の利点は、保険診療のような治療の制約がないため、一人ひとりの症状に適した素材を使用し、高度な技術とともに十分に時間をかけた治療を提供することができます。

当院では、治療の選択肢の一つとして自費診療のご提案をさせていただいております。

一概に保険診療が悪いということではなく、自分のお口の環境に合った選択をするのが最善ということになります。

歯科診療では一般医科の診療科目に比べて、診療項目が多種多彩にわたり保険診療と自費診療の区別が患者さまにとって非常にわかりにくいため、医療者側の説明不足と相まって、このことが金銭トラブルの元になることも多いようです。

当院ではこのようなことがないように患者さまが高額な自費診療を選ぶ場合には、事前にしっかりとしたカウンセリングを行い、ご理解とご納得をいただいた上で書面で契約書を取り交わしてから診療を進めさせていただいております。

 

現状のお口の検査、歯周ポケット検査
パノラマレントゲン写真、お口の中の写真などの
検査

ミラーや探針など専用の器具を使ってお口の中をチェックし、詰め物被せものの適合度のチェック、虫歯の検査と歯周病の歯周ポケット検査を行います。

その後、パノラマレントゲン撮影を行い、虫歯や歯周病の精密な診断、顎関節の形や骨量などの診断や他疾患の有無を調べます。

当院では被ばく線量の少ない、歯科用のデジタルレントゲンを採用していますのでご安心ください。

また、お顔の筋肉の左右差や使い方のクセを確認するために、お口の中の写真の他にお顔の写真を撮影しています。どうぞご協力ください。

また必要に応じて顎関節の検査かみ合わせの検査も随時行っています。

初診の患者様には唾液検査(Sil-Ha スポットケム)も二回目の来院以降にお勧めしています。

セカンドカウンセリング・治療計画の説明

検査結果をもとに、現在のお口の状況や具体的な治療方法、治療にかかる期間などについてご説明します。

必要に応じて、レントゲン写真や口腔内写真、イラストなどを使ってわかりやすくお話しします。

説明に使用した患者さまのパノラマレントゲン写真とお口の中のカラー写真を印刷した用紙(コンテキスト)はご本人に差し上げています。

疑問に思うことや不安な点などありましたら、遠慮なく質問してください。

歯周初期治療および口腔ケア

 

実際に治療に入る前に初診の患者さんには当院でお勧めする普段のお口のお手入れのしかたをご説明しています。

歯周ポケット検査を行うと歯周病の患者さまはもちろんのこと、歯周病に問題がなくてもお口のケアがしっかり行き届いていらっしゃる方はまれです。

特にプラークが多く歯肉炎を起こしておられる患者さんの場合には歯に詰め物をしたり、、被せものの型を取ったりする時などに歯肉からの出血が障害となって一定の治療の質を保つことができません。

ですから、まずは歯周組織の健康を取り戻してから治療をすることはとても意味があることなのです。

もちろん歯肉が健康な場所や緊急を要する処置はこの限りではありません。

訓練された歯科衛生士が主体となって皆様のお口に合ったケアの方法を提案して実践していただいています。

歯石がついている方の清掃や着色除去もこの時に行い、歯の表面をツルツルの状態にしてから治療に臨んでいただきます。

 

治療、必要に応じて補綴カウンセリング

毎回の治療時には、レントゲン写真や口腔内写真を使用して、今日はどんなことをするのか、何のためにそうするのかをきちんとご説明します。

痛みがある場合には麻酔などの適切な処置をとりますので、ご心配な方は遠慮なく声をかけてください。

また、詰め物や被せ物の処置が必要な場合には随時補綴カウンセリングを行って保険の材料を使うか、自費の材料を使うかを患者さまに選んでいただいから次の診療を進めていきます。

終了カウンセリング
メインテナンス・定期検診

治療が終わった後も、お口の健康を維持するために、定期的にご来院いただくことをお勧めする終了カウンセリング(リコールカウンセリング)を行っています。

定期検診では歯のクリーニングや、虫歯や歯周病のチェック、歯磨き方法のアドバイスなどを行いますので、ぜひご利用ください。

定期検診をしてお口のメインテナンスに継続して来られている患者さまの多くは歯を喪失する確率が少なくなることがデータで実証されています。

一生自分の歯でお食事ができるようぜひお口のメンテナンスを継続して行ってください。