北群馬郡吉岡町で歯科 歯医者のエース歯科です。お気軽にご相談ください。

〒370-3602 群馬県北群馬郡吉岡町大久保112−2
駒寄スマートインターより5分(CT完備)
JR上越線 群馬総社駅・八木原駅よりタクシーで10分
TEL番号の覚え方 「GO!GO!いい歯一番!!55-1181

0279-55-1181

  TEL番号の覚え方 GO!GO!いい歯一番!!

診療時間:9:00~12:25/14:00~18:00

休診日:木曜・日曜​・祝日(完全週休2日制)

エース歯科ブログ

3月30日

タレントの志村けんさんが、新型コロナウイルス感染で亡くなりました。

謹んでお悔やみ申し上げます。

 

 新型コロナウイルス感染症は8割の人では軽症で済みますが、一部の人は重症化し、肺炎や呼吸困難の症状が急激に悪化することが指摘されています。

特に、高齢で持病を持っている人は重症化のリスクが高いです。

 

 世界保健機関(WHO)と中国の専門家でつくる合同調査チームが2月28日にまとめた約5万6000人の症例分析では、80歳以上の致死率はが20%超に達したほか、心臓病、糖尿病、高血圧、呼吸器疾患、がんなどの病気を持っている人で高かったとのこと。

 

 志村さんは数年前に肺炎の診断を受けて入院したことがあるほか、若い頃からヘビースモーカーでも知られていました。

WHOは喫煙と新型コロナウイルスの関係について、喫煙によって肺の機能が低下しているリスクなどを指摘しています。

中国の報告では、非喫煙者と比べ、喫煙者はコロナ感染による死亡のリスクが14倍とされています。

 

 喫煙者とその家族は、感染の危険性が高いことを十分認識し、今からでも禁煙の努力を始められることを期待しています。

 

 この文章は一部、ヨミドクターから引用しました。

 

3月26日

「鼻呼吸こそ天然のマスク」

 

 新型コロナウイルスによる感染症が広がり、手洗いの励行など予防行動の呼びかけが続く中、意外に触れられて いないのが、口や鼻の健康保持の大切さです。

 岡山大学病院スペシャルニーズ歯科センターの診療講師、岡崎義秀さんが提案するのが、従来のインフルエンザウイルス対策に準じた、口と鼻を健やかな状態に保つことで体の 免疫力を維持する取り組みです。

 

1 朝一番の歯磨きで細菌除去

口や鼻から体内に入ったウイルスは、鼻の奥や喉の粘膜に付着します。細菌なら、この時点で炎症を起こし ますが、ウイルスの場合持っている酵素で細胞壁をこじ開けて細胞内に侵入、増殖することで感染した状態 となります。

口の中にすむ歯周病菌などの細菌もまた、ウイルスの細胞侵入をしやすくする酵素を出します。

口の中が汚い=細菌が多いと、それだけ感染の危険性が増してしまうのです。

 

起きている間は、唾液の力である程度守られるが、眠っている間は唾液がほとんど止まるため、朝起きてす ぐの口は最も細菌が増えた状態にあります。

朝一番に歯磨きをすれば細菌が減少し、舌や口への刺激で唾液 も出て感染リスクを下げることができると考えられます。

 

2 鼻呼吸は天然のマスク

鼻呼吸にはウイルスを防ぐさまざまな関門が伴います。

 第一関門は鼻毛。まずここで、ウイルスを含むやや大きめのほこりなどがブロックされます。

 

 第二関門は鼻の中の粘膜から出る粘液です。ウイルスがこのネバネバにからめ捕られると、鼻から喉の奥に かけて生えた無数の線毛がベルトコンベヤーのように動き、痰などで外に排出されたり、胃に運ばれて胃酸 で無害かされたりします。

 

 第三関門は鼻の中の毛細血管によって、喉の奥では体温近くまで温度が上昇し、湿度も 80~85%あり、ウイ ルスの生存率が低下します。

 副鼻腔で作り出され、殺菌作用などがある一酸化炭素の働きも鼻呼吸すればこその効果です。

 

3 「あいうべ体操」で自然と鼻呼吸に

 舌の筋肉が鍛えられ、更に体操の刺激によって出る唾液で口の中は潤い、舌や口輪筋などの筋肉を動かすこ とで、口周りや喉の体温も上がります。

免疫力アップをうたう食べ物を探し求めるより、まず空気や食の取り入れ口を良好な状態に保つことが健康 づくりには大切になります。

 

 詳しく知りたい方は是非スタッフまでお尋ね下さい!

 

 写真は、本日お花見に行った前橋市大室公園です。

 

3月23日

東京オリンピックの開催について、協議の方向が気になります。

感染拡大が止まらない今、再度、新型コロナウイルスの感染症対策について確認しましょう。

 

(1)手洗い

 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

 

 

(2)普段の健康管理

 普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

 

(3)適度な湿度を保つ

 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

 

 前橋市でも昨日桜の開花宣言が出されました。

今年は他人様に2m以上近づかない様にしながらお花見をしましょう。

 

3月13日

先月、地元の学校保健会だよりに院長執筆の記事が掲載されましたので、載せておきます。

虫歯にかかるリスの高い歯科医師(エース歯科院長)が日頃どのように虫歯予防、歯周病予防を行っているのかをありのままに書き綴った内容になっています。

細かい印刷の文字ですので、朝昼晩に分けて少しずつ転載しておきます。(今回は夜編)

まねできるところがあれば、皆さんも是非やってみてください。

使っている歯ブラシや歯磨き剤などの商品名は実名で記載してあります。

全ての歯科商品はエース歯科で購入可能です。

 

 

 

 

夕食後は朝と同じく電動歯ブラシを使いますが、夜は1日のお口のケアの総決算。
 
電動歯ブラシだけでは終わりません。
 
世の80パーセント以上の人間がかかっている歯周病対策としてデンタルフロスいわゆる糸楊枝で、電動歯ブラシでは取り除けなかった歯と歯の間や歯肉の中のプラークをこそぎ取ります。
 
私は柄のついた糸楊枝でなく、フロス糸単味のものを使っています。
 
これも色々な種類のデンタルフロスが販売されているので迷うところですが、私は現在Ci社の青いボックスのデンタルフロスの質感が好きで使用しています。
 
要する時間は2分くらい。
 
なおフロス糸が歯と歯の間を通すと毛羽立ったり、切れたりするのは、虫歯があるか詰め物が欠けている可能性があるので、歯科医院で確認してきれいに治してもらいましょう。
 
フロスが終わるとここで活躍するのもまたまたクラプロックス社のカラフルで可愛い歯間ブラシの登場です。
 
私はこの歯間ブラシを知るまでは歯間ブラシを使う習慣はなかったのですが、やはり毛先の繊維がしなやかで優しいので狭い歯間のプラークをしっかりからめとってくれるのを実感し、それから愛用するようになりました。
 
何回も出し入れする必要はなく一ヶ所につき一回の出し入れです。
 
磨く際に液体歯磨き液を浸けては磨き、浸けては磨きを繰り返しています。
 
この動作をすることで歯並びの悪い場所のプラークが格段に付かなくなり、歯肉が引き締まった感じです。
 
歯磨きで出血の多い方はかなり歯周病が進行していますから、この方法をぜひ試してみてください。
 
最後の仕上げは虫歯予防のためのフッ素洗口です。
 
私は子供の頃に昭和の虫歯の洪水時代と言われる時代を過ごしました。ということで残念ながら永久歯のほとんどが虫歯治療されているため虫歯にかかるリスクがとても高い性質の唾液とたちの悪い虫歯菌集団を所有しています。
 
ですから私は一生涯フッ素うがいを続けてリスクを少しでも下げておかなければ再び虫歯菌に攻撃されて歯がぼろぼろになってしまう悲しい運命なのです。
 
私は洗口液としてバトラー社のフッ素洗口液を使っています。
 
この洗口液は透明な空色をしていて爽やかな香味がついている既製品で30秒のぶくぶくうがいも楽しくできます。
 
うがいの時は、ぜひ頬や舌をよく動かして洗口液の中のフッ素成分がお口全体に行き渡るようにしましょう。
 
毎晩このように頬や舌の運動をしていると口腔周囲筋の筋トレ効果で加齢による摂食嚥下障害が起こりにくくなります。
 
フッ素洗口を継続させるポイントとして、夜寝る前に行うルーチンワークとしてしまうこと、洗口液のボトルの液が無くなりかけても慌てないように予備のボトルを最低1本は必ず購入して買い置きしておくことなどがあげられるでしょう。
 
以上お口のプロの私が現在実践しているお口のケアの方法をご紹介しました。
 
これからも新しい情報を取り入れながらバージョンアップしていくつもりです。
 
お口の病気のうちで特に歯周病が予防できると肺炎や心臓病、脳疾患などの死に至る病のリスクが大幅に減ります。
 
ただしそのためにはセルフケアの予防だけではもちろん不完全です。
 
一生自分の歯で楽しく食事をするためにはたとえ痛みがなくとも定期的に歯科医院に行き、プロフェッショナルケアをしてもらう習慣をつけてください。
 
セルフケアとプロフェッショナルケアの両輪をうまく走らせて一生涯お口を健康にすることで、健康寿命を少しでも長くして人生を充実させましょう。
 

3月12日

先月、地元の学校保健会だよりに院長執筆の記事が掲載されましたので、載せておきます。

虫歯にかかるリスの高い歯科医師(エース歯科院長)が日頃どのように虫歯予防、歯周病予防を行っているのかをありのままに書き綴った内容になっています。

細かい印刷の文字ですので、朝昼晩に分けて少しずつ転載しておきます。(今回は昼編)

まねできるところがあれば、皆さんも是非やってみてください。

使っている歯ブラシや歯磨き剤などの商品名は実名で記載してあります。

全ての歯科商品はエース歯科で購入可能です。

 

 

 

お昼の時間帯は職場には自分専用の電動歯ブラシは置いていないので、手磨きとなります。

歯ブラシはやはりお気に入りのクラプロックス社の歯ブラシです。

歯磨き剤はGC社の1450ppmのフッ化ナトリウム入りにトータルケアを使っています。

フッ素の虫歯予防の効用は言うまでもありません。

しかし、最近ではやはりクラプロックス社の電動歯ブラシが気に入ってしまってもう一台の診療室用のハイドロソニックプロで磨くようになりました。

電動ブラシの手軽さが病みつきになっています。(笑)

 

3月11日

先月、地元の学校保健会だよりに院長執筆の記事が掲載されましたので、載せておきます。

虫歯にかかるリスの高い歯科医師(エース歯科院長)が日頃どのように虫歯予防、歯周病予防を行っているのかをありのままに書き綴った内容になっています。

細かい印刷の文字ですので、朝昼晩に分けて少しずつ転載しておきます。(今日は朝編)

まねできるところがあれば、皆さんも是非やってみてください。

使っている歯ブラシや歯磨き剤などの商品名は実名で記載してあります。

全ての歯科商品はエース歯科で購入可能です。

 

 

歯医者さんが毎日やっている歯の磨き方教えて!

と、いろいろな方から聞かれることが多いので、この紙面をお借りして私が日々実践しているお口のケアの仕方を朝から順番に公開してみましょう。

夜、人が寝ている間のお口の中は唾液がほとんど出ないので、細菌が繁殖しやすくなり、お口の中は細菌たちの飲めや歌えやの宴会会場と化しています。

朝口臭がキツいのはそのためです。

ですから1日を通してお口の中が最も細菌で汚れているのは朝目覚めた時です。

そのまま朝食をとるとなると細菌まみれのお口で食事をすることになりますよね。

これは汚れたまま箸や器で食事をとるのと同じで、どこかでこのサイクルを断ち切らない限りますますお口の中は細菌のお祭り騒ぎで手に負えなくなってしまいます。

それで、私は朝、おトイレに起きたタイミングで、ジョンソンアンドジョンソン社の液体歯磨きリステリンクラプロックス社の歯ブラシに含ませてサササと簡単に付け磨きをしています。

やり方は簡単です。液体歯磨きのボトルのキャップに液を少量入れて、歯ブラシでワンブロックごと(1/4顎ごと 例えば右上の前歯から奥歯にかけてのつながり)になぞって付けるだけです。

最近スイスのクラプロックス社が開発したビビッドな色が目に楽しい歯ブラシは、クーレン繊維®️という元々衣類で使われているポリエステルの合成繊維を加工した素材でできています。

この毛先はとてもしなやかで柔らかいので歯茎を傷つけにくく、歯と歯、歯と歯茎の間に溜まったプラークをからめとることに有利です。

この歯ブラシの特徴として毛の本数が普通の歯ブラシの8倍以上の毛束が毛細管現象によって薬液をとても多く含んでくれて、液体歯磨きの薬効を十分に発揮させながら歯面をなぞることができます。

朝ご飯を食べた後はすぐに歯を磨きます。

食後すぐの歯磨きは歯の表面を傷つけるとの意見が出た時期もありましたが、通常の食事を取っている限り全く問題とはなりませんので気にせず食後すぐに磨くことをお勧めします。

私は自宅では電動歯ブラシを使う派です。

電動歯ブラシには大きく分けて回転式のものと音波式のものがありますが、現在私はクラプロックス社の今年日本で新発売された歯科医院専売の音波ブラシのハイドロソニックプロを使用しています。

電動歯ブラシを使う理由はまずは素早く綺麗に磨けることに尽きます。

数ある電動歯ブラシの中でも特にクラプロックス社のものを使うのはヘッドの大きさがコンパクトで、確かな振動の割には歯磨き剤がお口の外に飛び散らないので、鏡や衣服を汚さず、何より替え歯ブラシにもクーレン繊維®︎を使用しているので歯面に対するフィット感が心地良く、自分好みの音波の強弱の振動数を7種類の中から選べるからです。

使う歯磨き剤は研磨剤が入っていないゼリー状のもの特にはフッ素入りのもの(GC社のトータルケア 2020年2月新発売)を使っています。

この電動歯ブラシはタイマー式で30秒毎に合図をしてくれますので起床時のサササ磨きの時と同様にお口の中の歯を1/4に区切ってまずは右上の歯の列から始めます。

裏表噛み合わせの部分にブラシの毛先をあまり強く当てないようにしてゆっくりとずらしていきます。

振動のリズム変化でタイマーが30秒経過したことを伝えてくれたら次に右下の歯の列の歯磨きに移ります。

このようにして2分経過すると一瞬の沈黙時間があり、私はそれからのプラス30秒を使って下のあごの歯並びが悪い部分を集中して磨くようにしています。

ここまで占めて2分半。試しに当院の歯科衛生士に電動歯ブラシで磨いた私の歯を染め出してチェックしてもらったことがあります。

結果は見事合格点でした。朝の忙しい時間帯の短い時間でこれくらい磨けていれば十分でしょう。

 

3月7日

遂に群馬県内でもコロナ感染症患者さんが報告されました。

この方は保育士さんとのことで、周辺への広がりが心配されます。

自衛策は日々報道されていますので、私たちもしっかり対策していきましょう。

 

さて、歯磨きの大切さは十分ご存知と思いますが、さらに清潔さのレベルをあげる方法として、フロスはか欠かせません。

 

♪フロスの必要性♪

 

そもそも、「毎日歯磨きをしているのに、どうしてデンタルフロスが必要なの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、歯ブラシのブラッシングだけでは、歯と歯の間は十分に磨くことができません。

虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)や食べかすが歯間に残ってしまいます。

 

デンタルフロスなら、歯ブラシでは届かない歯と歯のすき間にもしっかりと入り込みます。

そして、歯間の食べかすや歯の側面にこびりついたプラークを絡め取ることができるのです。

 

ライオン歯科衛生研究所の公式ホームページによると、歯磨きだけでは歯と歯の間の歯垢を58%しか除去できないのに対し、デンタルフロスを併用すると、歯垢の除去率は86%まで上昇するとのこと。

歯間の虫歯や歯周病を予防したいなら、ぜひ日々のオーラルケアにデンタルフロスを取り入れましょう。

参考文献 ライオン

3月3日

今日は雛祭り。

でもコロナウィルスの話題が中心ですね。

そこでマスクだけでなく、感染対策に歯磨きが有効であることをお伝えします。

 

歯の表面でも特に歯と歯ぐきの境目にとりついているプラークは、水に溶けにくく、歯にしっかりと付着しています。

唾液やうがいなどでは簡単に落ちず、歯ブラシや歯間ブラシでなければ、きれいに落とすことが出来ません。

そしてプラークに守られている細菌が毒素を出し、この毒素が、炎症を引き起こしたり、発熱させたり、骨を溶かしたり、細胞を痛めつけ免疫細胞をかく乱したりすることがあります。

ですから、口の中を清潔に保つことも、ウイルス対策に欠かせない手段の一つになっているのです。

 

中には、「めったに病気にかからないから」「体力に自信あるから大丈夫」と油断している方もいらっしゃるかと思います。

実はプラーク内で守られている細菌は、免疫細胞が気付かず攻撃できないので、一定量以上増殖すれば、口の中から全身へ送られて、病気にかかりやすくなります。

 

さらに有効な対策として、抗菌作用のある洗口液の活用もおすすめです。

当院では、モンダミンプロケアアルファと、リステリンをお勧めしています。

 

元気な体は、清潔なお口から!お口の中の凶悪な細菌たちを増やさないよう、しっかりケアをして病気を予防し、ウイルスから体を守りましょう!!

参考文献:nico2012年12月10日

検診・歯石取り・フッ素塗布や、矯正の無料(15歳まで)相談も予約可能です

0279-55-1181

当院のスタッフは6時までには仕事を終えて帰れます。

0279-55-1181

〒370-3602
群馬県北群馬郡吉岡町大久保112−2