北群馬郡吉岡町で歯科 歯医者のエース歯科です。お気軽にご相談ください。
年末年始休診のご案内 12月26日(木曜日)から1月5日(日曜日)まで

〒370-3602 群馬県北群馬郡吉岡町大久保112−2
駒寄スマートインターより5分(CT完備)
JR上越線 群馬総社駅・八木原駅よりタクシーで10分
TEL番号の覚え方 「GO!GO!いい歯一番!!55-1181

0279-55-1181

  TEL番号の覚え方 GO!GO!いい歯一番!!

診療時間:9:00~12:25/14:00~18:00

休診日:木曜・日曜​・祝日(完全週休2日制)

ご予約・お問合せはこちら

エース歯科のインプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った場所にインプラントといわれる人工歯根をあごの骨に外来の手術で埋めこみ、インプラント体(人工歯根)とあごの骨が十分に馴染んで一体化した後で、その上に被せ物を装着する治療方法です。

歯を失ってしまった場合でも、入れ歯やブリッジといった従来の治療方法に比べて、決してむし歯にかかることなく、グラついたり外れたりという心配もほとんどなく、見た目や噛み心地も天然の歯に近くなるというメリットがあります。

あなたの歯を失う原因は何ですか?

 

原因として考えられること

  • 1
    病気
    年齢に関わらず、むし歯・歯周病や歯の根の炎症などの病気が原因となります。
  • 2
    事故
    日常生活中や運動中の事故で、歯や歯の根にダメージがあって歯を失うことがあります。
     
  • 3
    生まれつき
    先天的に歯の本数が少ないことや歯が小さいために歯と歯の間に隙間が生じることがあります。
  • 4
    歯並びが悪い、親知らずの炎症など必要に応じて歯科医院で抜歯した場合

もし今あなたがインプラント治療を選択しない場合には
将来お口の中はどのように変わっていくのでしょうか?

インプラント治療は保険診療外のため、通常なら総額30万円以上かかってしまう高額診療です。

ですから総額の金額だけ聞くと、たかが歯を一本作るのに、そんなに出費できない、とお考えになる方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

もちろん何も治療をしないという選択肢もあります。

または、全身疾患などの理由でインプラント手術自体が禁忌となり泣く泣くインプラント治療を諦めなくてはならない方もいらっしゃるでしょう。

何も治療しないで放置した場合、実はその周りにあるほかの歯も失うスピードが加速度化します。

具体的には、失った歯の隣の歯が少しずつ歯のない方向に移動し、歯が傾いてきます。

また、失った歯と以前噛み合っていた上または下の相手の歯が少しずつ顎の骨から自然に抜け出て来る方向に移動して、まるで歯が伸びたような印象を受けるでしょう。

その結果、かみ合わせの位置が変わり、顎の関節や骨、お顔の形が歪み始めます。

それでは、インプラント治療しないで失った歯を一本治療するとしたら、どんな方法があるでしょう?

すぐに思い当たるのはブリッジ治療ではないでしょうか。

ブリッジ治療とは失った歯の隣に骨植の良い(歯茎も骨も健康ということ)歯がある場合に限って保たせることができる補綴方法です。

ただし、全く治療していない歯に被せる冠の厚みだけ虫歯でなくても削らなければならないリスクとブリッジをつけたあとでブリッジの土台となった歯のケアがうまくいかないと虫歯になったり歯周病になったりするリスクが増えます。

また、失ってしまった歯の力の分担を隣の歯同士が余分に支えることになりますので、以前より残った歯にストレスがかかることから、歯に亀裂が入ったり、折れたりするリスクを抱えることになります。

歯を失ったままにすると、
いろいろな悩みが・・・

  • 1
    年齢に関係なく、歯を失った部分の骨がやせていく
  • 2
    残っている歯の位置がずれてしまう
  • 3
    かみ合わせが悪くなって食事が楽しめない
  • 4
    言葉の発音が悪くなり、会話が楽しめない
     
  • 5
    顔の輪郭が変わり、いわゆる老けた顔になる
  • 6
    自信がなくなる
     

天然歯に近いインプラント

 

  • 1
    インプラントで支えられる人工歯は歯の根の代わりになり、あごの骨がやせ細るのを防げます。
  • 2
    天然歯と同じような見栄えと機能が得られるように設計されており、従来のライフスタイルを取り戻すことができます。
  • 3
    隣の健康な歯をブリッジや義歯製作のために傷つけずに済みます。
  • 4
    メンテナンスを行うことにより、長期間にわたり見栄えと機能を維持可能です。

安心の10年保証のインプラント治療

失われた歯の機能を取り戻し、天然の歯と変わらない見た目を実現する治療方法として、インプラント治療は最近ではよく知られるようになりました。

当院では開業当初からインプラント治療を行っており、この15年で数多くの症例を扱ってきました。

インプラント治療は、失った歯の代わりになるだけではありません。総入れ歯の場合にもインプラントを固定源として用いることで、入れ歯のズレから生じる不快感や噛みにくさ、痛みなどを緩和することができます。

歯科医師によるインプラント手術は、局所麻酔科で行われ、あごの骨にインプラント体(人工の歯根)が埋め込まれます。手術後にインプラント体と顎の骨がしっかりと結合(このことを専門用語ではオッセオインテグレーションまたは骨統合といいます)する期間をおいて、その後に人工歯をインプラント体の土台に装着します。

インプラントを長期的に維持させるには、インプラント治療をした場所に限らず、お口全体を衛生的に保ち、定期検診を受けることが不可欠です。インプラントを行った場所はもちろん元々残っている自分の歯が健康に保たれて初めてインプラント治療の成果が発揮されることになるからです。

インプラント材料の種類には様々なタイプがあり、インプラント治療があなたに最適な選択肢かどうか、どの種類のインプラント材料が最善の選択肢となるかについては、ご相談の上決定しています。

 

安心の10年保証制度

当院では安心してインプラント治療を受けていただけるよう、インプラントの被せものを装着してから10年間の保証期間を設けています。

ただし継続してメンテナンスに来院されている患者さまの場合に限ります

手術後の注意点

口腔内のお手入れ

  • 手術部位を舌や指で触らないようにしてください
  • 歯磨きは手術後の注意書きに従ってください
  • 手術の当日はお口をあまりゆすがないでください

 

飲食と運動

  • 熱い飲み物は飲まないでください
  • 手術した場所で食事しないようにして、高カロリーの軟らかいものを食べてください
  • アルコールは飲まないでください
  • 激しい運動はしないでください

炭酸ガスレーザーを取り入れた、
身体の負担に配慮したインプラント治療

当院では、術後の痛みを和らげ、傷の治りを早める目的で、炭酸ガスレーザーを治療に取り入れています。

レーザーを使う大きなメリットは下記の3つです。

  • 痛みに配慮
  • 傷・炎症の治りを早める
  • 回復が早める

レーザーの熱殺菌効果で、患部を清潔に滅菌したり、簡単に止血をしたりすることも可能。また、遠赤外線効果によって傷の治癒を早める作用があります。

インプラント治療のアフターケア

細部までお手入れの行き届いた口腔衛生を保つことにより、インプラントは長期間にわたって機能し、快適で満足できるものになります。

インプラントは人工物ですので虫歯になることはありませんが、ケアを怠ると歯周炎のような「インプラント周囲炎」にかかるリスクがあります。

これを放置していると、周囲の組織の炎症がひどくなって、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。インプラントを長く安定してお使いいただくためには、ご自宅でのケアとクリニックでの定期的なメインテナンスを続けることが大切です。

インプラント治療の終了後は、お口の状態に合わせたセルフケアのアドバイスを行い、定期的なメインテナンスを続けていただくようご案内しています。歯科医院でのクリーニングでは、インプラントや周囲の組織にダメージを与えない、強化プラスチック製の器具やレーザーを使用。丁寧にトリートメントを行いますので、ぜひご利用ください。

感染対策を徹底、個室のオペ室を完備

インプラント治療は、外科的な手術を伴う治療方法です。当院では個室のオペ室を完備し、感染予防対策にも積極的に取り組んでいます。

使用する器具はすべて滅菌処理を行い、あらゆる種類の細菌やウイルスを死滅させるほか、床や壁も消毒剤で磨き上げるなど、院内の衛生管理を徹底。使い捨てが可能な手術用のガウンや帽子、手袋などはその都度交換して、患者さまごとに新しいものを使用しています。

また、インプラント治療を行うオペ室は完全個室です。他の患者さまに気兼ねすることなく、リラックスして治療に専念していただけます。

安心・安全の診療環境を整えて、皆さまのご来院をお待ちしております。

インプラント治療の流れ

診査と治療計画立案

お口の模型、検査器具やCTなどのレントゲンで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

検査の結果を分析し、歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、患者さまに最適のインプラント治療計画をご案内します。

手術

バイタルサインを確認しながら、インプラント本体をあごの骨に埋め込みます。

人工の歯を装着

インプラント体と骨がしっかり結合したあとで、インプラント本体の上に人工の歯を装着します。

メインテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。